16/10/15 BMW M series Trial Event
Since I've become a BMW owner I've applied many BMW events. But no chance they gave me for a long time. This was the first time to get the chance like this, M-trial.
I'm not sure if some salespersons thought that "Maybe this man buy another M if he try."
Actually, I could see only a few M in the parking lot.

One place of the event was GLION (g-lion), which was a museum-like place in Osaka. I added "-like" because price tags are put on some of the exhibited cars next to "Buy or not", or, "affordable or not".
BMWに乗り始めて以来、こんなイベントの招待状(抽選)はいくらでも来たのだが、実際に当たったことは、さっぱり無かった。どうやら所有の車がM5だから、「きっとお金持ち!」 「また次のM5を買ってくださるかしら?」って、いわば“M枠”で当たったのかは定かではない。
実際に集まった車(抽選に当たった人たちの車)は、M以外が大多数だった。

集合場所はGLION(ジー・ライオン)。大阪の港区にある、博物館的な場所である。“的な”とは、そこでは、展示している車の販売も行っているのである。

買う・買わない、あるいは、買える・買えないは別にして、展示車にはPrice tagの付いたものもある。
「欲しい人はどうぞ」という、異色の博物館であった。

Although I didn't check how many people attended to the event, it was 20+ considering the numbers of the cars prepared.
However, there were many attendees with ones' wives or family members, I saw many people than expected.
人数を確認していなかったが、用意してあった車の台数からすると、20人とちょっと。
ただし、奥様やご家族連れの方が多かったので、参加者数だけは多かった。

Attendees were devided in two.
Team A stayed in door for explanation of M. Team B went out for driving.
I got an M5 with a veeery quick move. (^o^)
参加メンバーは、2組に分かれた。
Aチームは、会場でMについての講習。Bチームは高速に乗って、試乗コースに移動となった。
僕はBチーム。自分の乗りたい車は早い者勝ちと説明があったので、一番先に早足で会場から飛び出し、意中のM5をGetした。
Gotten into the driving seat, the modern interier attracted me. Furthermore, TWO M-buttons surprised me a lot! What for?
Idoling stop button and the lane misfit alarm.
Recent drivers need those??
乗り込むと、ちょっと近代的なインテリア。そしてMボタンが2種類ある!
アイドリングストップボタンや、斜線はみ出し警告。
ドライバーアシストって、そんなに必要なの?

On the way to the special course, we enjoyed the drive on the highway.
I knew the rope, I enjoyed the shift speed controller and MT, AT modes.
The accelerator response was nice to me. I LOVE the POWER!
特設コースまでは、高速を使って移動。
Mについては良く知っている。シフトスピードコントロールや、MTとATの切り替えとか、色々試した。
踏めば出る。パワーは有るだけ良い!(^o^)

The most surprising thing for me thru the driving of M4, 5 and 6, the air-con of M6 cabriolet was working!! M4からM6まで乗って一番驚いたのは、結構なスピードで走ったのにもかかわらず、M6カブリオレのエアコンが効いていたこと。
The new M5 gave me the enjoyment of power, more power, and the high-rev of the new M4 gave me the enjoyment of controlling the lightness of the car.
Uh, yes. I dare say, I love driving sportcars.
新しいM5はモアパワーの楽しみ方を教えてくれたし、M4は高回転域で軽い車をコントロールすることの楽しさを教えてくれた。
マジ、あえて言うけど、スポーツカーって楽しい。
By the way, a pro-driver was sitting on the navigation seat.
One of them said, "Actually we had this event yesterday, too. All thru the event, I knew you are the most boldest gas kicker."
Ah, yeah. I know more powerful car, my Superseven doped with a turbo-charged 13B rotary engine of which power weight ratio is 1.7kg/ps. I just murmured in my mind.
ところで、このイベントでは、助手席にプロドライバーが乗っていた。
そのうちの一人が、「実はこのイベント、昨日もあったんですよ。2日を通して、一番踏みっぷりが良いですね」
その件であれば、僕はもっと激しい加速の車を知っている。ターボでドーピングされた13Bロータリーが乗ったスーパーセブン。パワーウエイトレシオは1.7kg/psだけど、あえて言わなかった。
After my driving, the turn was for pro. he controlled M4 well. Then I said "Yeah, swift!!"
The professional driver repied, "No, you can drive like this as well."
I knew that. I meant the car...
僕のドライブの後、プロが運転する番が来た。いわゆる、「サーキットタクシー」。彼がM4をドライブするとき、「速いわ!」っと声が出た。
プロドライバーは、「このくらい、お客さんも出来るでしょう」と返してきたけど、ごめんなさい、あなたじゃなくて車が速いっていう意味でした。
m(_ _)m




<Blog top  Home  next>








inserted by FC2 system