Tips 004 --- CanとDo



みなさん、こんにちは。

2回ほど冠詞が続きましたので、今日は気分を変えて助動詞を取り上げてみましょう。

canは「〜出来る」というときに使う。doは「一般動詞の疑問文と否定文に使う」と習いました。

間違っていません。
が、それで終わってしまうとこのTipsの意味がない! (^^ ;


では、canの言い換えって覚えていますか? そうそう、be able toですね。
ここでableについて辞書を引いてみましょう。
     able ―形容詞 〜することが出来る、〜する能力がある
はい、ここ赤文字です。

みなさん割と簡単に使っていませんか?
     Can you speak English? とか、Can you speak Japanese?

先ほどのことを踏まえて日本語にすると、
「あなたは英語(日本語)を話す能力がありますか? ( _)
まったく馬鹿にしていますね。 相手に殴られても文句言えないくらいです。

対してDoは、単純に疑問文や否定文を作るだけなので、
     Do you speak English/Japanese? ←このスラッシュは、orの意味です。
     「あなたは英語(日本語)をしゃべりますか?」
能力については言及していません。 きっと穏やかな回答が期待できるでしょう。

ちなみにdoは、助勢語としても働きます。例えば強調したいときに、
     I do speak English. マジでオレ、英語しゃべれんだぜ」ってな感じ。

そのほか、doについて覚えておいて欲しいフレーズを1つ。
     It’ll do. 「役に立ちそう」
短縮形がきれいに発音できると、かっこいいですよ。
     イトゥルドゥー”って。(^_^)

では、can doについて「なるほど!」っと思ったら、スポンサーリンクをクリックお願いします(^o^)



<Tips Top  Home  つぎへ>

inserted by FC2 system