Tips 008 --- AとThe



みなさん、こんにちは。
先週末、土曜日の午後は雨に降られてしまいましたが、日曜日は薄曇りながらも何とか晴れ間も見えました。ライトアップのシーズンでもあり、出かけられた方もおられると思います。私は、友人達と植物園に出かけてきました。その植物園もライトアップイベントがあったのですが、一番きれいな頃には寒くなり、別の場所に移動してしまいました。(-_- ;

さて、ここで2回登場した「植物園」。1回目はどんな植物園か分かりませんよね。日本語では「とある植物園」とも言い換えられます。その後2回目の登場では、「ライトアップイベントがある、その植物園」と分かります。
ということで、今日のTipsはAとTheです。

上の文章の一部を英語にすると、
I went to a botanical garden with friends. The botanical garden had a light-up event.
(私は友人達と、とある植物園に行きました。その植物園は、ライトアップがありました。)
というふうになります。

そう考えてみると、「文章に初めて登場する名詞に対し、いきなりTheは使えない」というのがわかります。ただし、1つしかないものに対しては、常にTheを用います。
e.g. the sunやthe sea, the worldなど

ついでに、「例」と表記する場合、ラテン語exempli gratiaの略であるe.g.と書くのが正式なのですが、最近は“ex.”と書く人も増えてきたようです。

また、AとかTheのような冠詞を使用せず、複数形のみで「一般的な〜」と表すことがあります。この場合は、単に複数形のみで表します。A+可算名詞はあまり使われません。
I like dogs. (犬全般を指して) 私は犬が好きです。
I like a dog. (犬全般を指して) 私は犬が好きです。 ←あまり用いない
I like the dog. (特定の犬を指して)私はその犬が好きです。

ただし、不可算名詞を扱うときは、冠詞は不要です。
業界でよく使う要注意単語はEQUIPMENT。備品や機器という意味で使用する場合、この単語は不可算名詞ですので、あらゆる種類一般を指す場合もequipmentのままです。

では、ちょっと脇道に逸れましたが、AとTheについて納得したら
スポンサーリンクをクリックお願いします(^o^)



<Tips Top  Home  つぎへ>

inserted by FC2 system