Tips 032 --- Table Manner



前回はステーキとワインをオーダーしたところで終わりました。今回はその続きです。
「まだやんの?」って? はい。好きなんです。σ( ̄^ ̄)

今回は食べ方についてやっていきましょう。(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

みなさん、イメージしてください。あなたは今、丘の上のレストランにあるデッキから、南の島の夜景を楽しんでいます。椰子の葉を過ぎて来た風が頬を撫でています。白いテーブルクロスの上にはたくさんのナイフやフォークが並んでいます。
さて、このずらりと並んだ食器類をどれから使って良いのか悩んだら、外側から使ってください。そんなもんでOKです。播(≧▽≦*)OK!!

南の島の、少し湿度を含んだ風に吹かれながら、サラダやスープ、時々ワインを味わっていると、いよいよステーキがやってきました。

ここで問題です。このおいしそうなサーロイン、0.5 lb(約230 g)・USD38.00。目の前でジュージューと音を立てていますが、少しずつ切りながら食べますか? それとも先に全部切っちゃいますか?

答えは、あなたの居る国によります。(^^)
「いちいち持ち替えるなんて、行儀悪いですよ!」というのは英国式。米国式は全部切っちゃってから利き手にフォークを持ち替え、そのフォークで色々突き刺して食べます。

グラスのワインを飲むときは、ナプキンで口元の油をぬぐってから飲みましょう。

では食後のお酒(私はこっちの方が好き^^)に移りましょう。

お酒を水で割って飲むのは日本式。海外ではストレートかロックです。
ただし「ロックで」と言っても通じません。
  You: A glass of whiskey
with ice.
  Server: Single or double?
  You: Double, please.
(Waiter, Waitressは直接呼ぶ時には良いけど、書く時は性差別と受け取られない呼び方で)

おっと、ここで賢明なあなたは気がつきましたね。
そう。with ice があるなら、実は水割りも頼めます。with waterとしてしまえばOK。

いくら楽しいお酒でも、throw up や hangover には気をつけましょう。
次の日の観光が台無しです。ww


さて、Table Manner について納得したら、スポンサーリンクをクリックお願いします
(^o^)/



<Tips Top  Home  つぎへ>

inserted by FC2 system